NMB48 ジャカルタで「IMPACT NATION JAPANGFESTIVAL 2023」出演

©Showtitle
©Showtitle

2018年振りのアジアでパフォーマス

7月29日(土)・30日(日) インドネシア・ジャカルタ イストラゲロラカルノ(GBK)スナヤンで開催された「IMPACTNATION JAPANFESTIVAL 2023」に、NMB48から、安部若菜・川上千尋・小嶋花梨・坂田心咲・貞野遥香・上西怜・山本望叶・芳野心咲の8名が出演。

 

「IMPACTNATION JAPANFESTIVAL」は日本の伝統文化・ポップカルチャー・アニメ・マンガそして音楽など、日本をメインコンセプトとしたイベントで、2022年開催時には5万人を集客。今回、NMB48が出演したのは、KyotoAreaでの音楽ステージ。まずはNMB48のOvertureが流れると、お客さんからは歓声が挙がり、その中でメンバーが舞台に登場。

 

現地ジャカルタにはJKT48があることから、インドネシアでも馴染みのある「HA!」「ナギイチ」を歌唱した所で、メンバーからのMCに。NMB48キャプテン・小嶋花梨を筆頭に「スラマッ マラム スムア! カミ ダリ NMB48!」(みなさんこんばんは NMB48です)とインドネシア語で挨拶をすると、観客からは更に大きな歓声があがりました。続いて、メンバーそれぞれがインドネシア語で自己紹介をする度に、客席からは更に大きな声援と拍手。

 

その後、「カモネギックス」「北川謙二」「僕らのユリイカ」「ドリアン少年」を歌唱し、川上千尋が「最後の曲は、365日の紙飛行機」と紹介すると、客席からはまた歓声も上がり、客席と舞台が一体となる大合唱でNMB48のステージは締めくくられた。

 

【セットリスト】

M00:Overture

M01:HA!

M02:ナギイチ

M03:カモネギックス

M04:北川謙二

M05:僕らのユリイカ

M06:ドリアン少年

M07:365日の紙飛行機